利用できるスマートフォンで選ぶ方法

タイムレコーダーアプリを使用すれば、スマートフォンで従業員の勤務状況を簡単にチェックできます。多くの企業でもタイムレコーダーアプリが導入されていますが、これから導入を検討している企業が知っておいたほうが良いのが、アプリの正しい選び方です。アプリによっても性能が大きく異なっていますが、導入する際に必ず確認が必要になるのが、アプリが動作できる環境です。特定の会社のスマートフォンでしか使用できないタイプのアプリもあるために、従業員が使用しているスマートフォンにインストールできるタイプのアプリを選ぶ必要があります。ビジネス用のスマートフォンを企業が社員に提供している場合には、スマートフォンの貸与時にあらかじめインストールしておけば、スムーズに従業員の時間管理ができます。

アプリに搭載されている機能で選ぶ方法

タイムレコーダーアプリを導入する際には、正確に従業員の勤務状況を把握できるシステムが搭載されているかどうかも、選択の大きな基準になります。従業員が行う打刻によって、システムの管理者は従業員の勤務状況を適切に把握できますが、問題になるのは不正な打刻が行われた場合です。このようなケースを防止するために役立つのが、不正防止機能が搭載されているタイプのアプリです。打刻を行った従業員の位置情報などもあわせて確認できるようなアプリならば、従業員の不正な打刻を防止できるので、適切な社員管理に役立ちます。従業員によって労働時間が異なる企業の場合には、従業員ごとに細かい時間管理ができるシステムが利用できるかどうかも、アプリを選ぶ際の基準になります。

タイムレコーダーとは、労働時間を計測する機械です。タイムカードと呼ばれる専用の紙に打刻するタイプの物が人気が高いです。