拘束時間が短いので自由時間が多い

派遣運転手の最大のメリットとして言われているのが、拘束時間の短さと自由時間の多さです。派遣を利用すると拘束時間が長ければ長いほど時給換算が高くなっていくため、企業側としては長時間派遣運転手を拘束したくないと考えています。このため運転手が必要な時間だけ派遣をお願いするなど短時間勤務が基本となるので、拘束されている時間が通常の運転手よりも短めになっています。そうなると拘束時間以外の自由時間が増えるため、プライベートを充実させたり必要な用事を済ませやすくなるのです。

好きな職種・勤務地を選びやすい

派遣運転手と一言で言っても、タクシードライバーやトラックドライバーなど様々な職種がありますよね。派遣運転手はその中から自分が経験しているものや好きなものを選んで仕事をすることができますし、勤務地もある程度自由に選ぶことが可能です。これは運転手がどのような業界でも不足していることが理由と言われていて、企業に所属していない派遣だからこそ利用できる働き方となっています。

様々な会社を経験して人脈を広げやすい

派遣運転手のもう一つのメリットは、一つの会社に固執することなく様々な会社を経験することができる点です。正社員であれば何年かは同じ会社に勤め続けることになりますが、派遣の場合は契約期間を満了してしまえば別の会社に派遣されます。そのように様々な会社を経験することでスキルや経験を身につけることができるのはもちろん、それぞれの会社で人脈を作ることができるので将来上手く活用できる可能性があります。

トラックの運転手は、すぐに手配することができませんが、予約フォームからアクセスすると、運転手の派遣の手続きができます。