防犯フィルムの特徴と効果

空き巣を始めとした犯罪に備えて自宅やオフィスの窓に防犯対策を施す人も増えている中で、注目を集めているのが防犯フィルムです。防犯フィルムとは文字通り外部からの衝撃で窓ガラスが割れるのを防ぐフィルムになります。商品によって若干の違いはありますが、厳しい審査基準をクリアーしたフィルムの場合、様々な衝撃に5分以上耐えることも可能です。防犯としての役目はもちろんのこと、災害時のガラスの飛散を抑えることもできます。

フィルムの相場と利用におけるメリット

防犯フィルムの利用における大きなメリットの一つに挙げられるのが費用の安さです。一昔前の防犯対策として主流だったガラスその物を交換する施工の場合、業者によっては一平米辺り数万円以上の値段が掛かってしまいます。そのため、処理を施す窓ガラスの枚数が多くなるほど大きな負担となってしまうのは否めません。それに対して防犯フィルムであれば、一平米辺り数千円程度の費用で行うことができるので、枚数が増えても少ない負担で済みます。フィルムは手で簡単に剥がすことができるので、災害時でも速やかに外に出られるのが特徴です。

使用する上で注意すべきポイント

数多くのメリットがある防犯フィルムですが、注意すべき点もいくつかあります。その一つが寿命です。フィルムの寿命は防犯ガラスに比べて若干短めに設定されています。そのため、定期的に新しい物に張り替えなくてはいけません。また、貼る時にガラスとの間にゴミや埃が入ってしまうと、透明度が下がってしまうので注意が必要です。

防犯フィルムとは、窓ガラスに貼って使用するフィルムです。ガラスを壊しにくくすることで窃盗犯の侵入を防ぐ効果を持っています。