5年先に必要な性能から逆算して選ぶ

法人向けパソコンは個人向けとは異なり業務上毎日可動させることを前提にして作られています。個人向けよりも部品の保守期間が長くモデルチェンジが少ないからこそ、機種入れ替えサイクルを計算して5年後に業務が滞らない程度の性能が必要です。現在の基準からすればオーバースペックに思われても、業務内容効率化を考えれば十分な性能が必要だと分かります。後からアップグレードが難しい処理性能に直接関わる部分はしっかり選ぶと良いです。

定期的な入れ替え計画を立てる

5年サイクルで法人向けパソコンを入れ替えることは、一気に全台数を入れ替えると会社の利益を圧迫しかねません。毎年一定数ずつ入れ替えてパソコンにかける経費を一定にすることで、経理上も安定した支出として計画的な購入が出来ます。OSの更新サイクルが2年~4年程度と考えられているので、ハードウェアのうち寿命が比較的短い部品を考えると5年で入れ替える計画を立てると作業者からの不満が少ないです。

用途に合わせて一部性能強化したモデルを導入する

同じ会社内でも設計や開発部門では、メモリー性能よりもCPUやGPU性能が重視されるので、用途に合わせて一部性能強化したモデルを導入します。経理部門ではメモリー量の多さが重視されますがグラフィック性能は必要無いため、GPU内蔵CPUやオンボードマザーボードで十分です。3Dモデリングや開発部門では、CPUとGPU性能が求められるので必要な機能を強化したモデルを導入して他社に対して納期遅れを起こさないように配慮する必要があります。同じベースモデルであっても法人向けモデルに一部機能強化モデルが存在することは、カスタマイズモデルが多いことを示しています。

ビジネスパソコンは、文書作成や表計算、プレゼンテーションといった仕事上必要な機能を厳選したソフトを搭載したパソコンのことをいい、家庭用のパソコンと比べても低価格なものとなっています。