研修の手間を節約するために

新入社員を現場で働かせるためには、ある程度の知識や技術が必要となるため、前もっての研修が必要だと考える会社もあるでしょう。しかし、研修のために社員を配置しなければいけないため、本来の仕事の効率が落ちてしまうデメリットがあります。もしも、研修に社員を使いたくないのなら、eラーニングというシステムを会社に導入してみましょう。eラーニングはオンライン上で、事前に用意した映像を使って行える研修なので、大幅に手間を節約できます。

オリジナルの研修を作れる

eラーニングシステムを導入すれば、会社が作ったオリジナルのコンテンツを、そこに組み込むことができます。会社ならではのルールやマナーなどを含んだ研修動画を作成して、公開すれば、それを使って新入社員が学んでくれます。一度作成してしまえば、その後ずっと利用が続けられることからも、かなりの手間が節約できるのが分かるでしょう。

パソコンやスマホなどでeラーニングが行える

eラーニングはパソコンやスマホなどを使って利用するものなので、好きな時間にアクセスして研修を受けてもらえます。わざわざ、同じ場所に集めて、同時に研修を受けさせなくてもよいため、新入社員の時間も無駄にせずに済みます。簡単な操作でeラーニングを使用できるので、新入社員でもスムーズに利用してもらえるでしょう。ちなみに、コンテンツにアクセスしたログが残るため、研修を受けていない新入社員を特定することが可能です。サボることはできないようになっているシステムなので、安心して導入しましょう。

従業員の教育として派遣のeラーニングを利用している会社が増えていますが、効果を上げるにはいかに読み飛ばしを少なくするか、ということにかかっています。