適性検査は何の為に行われるのか

新しい人材を採用する場合に多くの企業で適性検査を実施しています。その目的は自分の会社にとって相応しい人材を獲得する為です。学歴や特技などは履歴書などで分かりますが、その人の性格や能力は見極められません。その為に適性検査が行われます。適性検査で落ちないようにする為にはその企業が社員に求めている能力を知ることが必要です。そしてその内容に沿って事前に準備しておくことが重要です。

また人気のある企業では就職を希望する人も多いので、適性検査が応募者の人数を絞る手段に行われる場合もあります。応募者の履歴書やエントリーシートをチェックするだけでも多大な労力がかかります。面接試験に至るまでにある程度ふるいにかけておく必要があるのです。ですから適性検査を甘く考えて準備せずにいると、この段階で不採用になってしまいます。

適性検査の内容と対策

適性検査の内容は企業によって異なりますが、一般的には能力検査と性格検査の2つを行います。能力検査ではその企業の業務に必要な知識や一般常識、論理的思考力などを知る為のテストが行われます。この能力検査は言語分野と非言語分野の2種類があります。言語分野のテストでは意思伝達や文章作成などの能力を問われます。非言語分野で計算や理科のテストが行われます。どちらも広範囲にわたって出題されるので問題集などでしっかり勉強しましょう。

性格検査は、応募者の性格を細かく分析する為に200問前後の問題が出題されます。これには正しい答えはありませんが、企業側が望む人物像があるので企業が期待する答えはあります。ですから企業理念や方針を理解して、それを意識して答えると良いでしょう。

適性検査とは、ある事柄に対してその人が向いているかどうかを見る検査のことです。例えば、事務仕事の適性を見る場合はクレペリン検査などがそれに当たります。