倉庫の種類と扱うことが出来る物品の詳細

倉庫は物品を保管する目的で使われる設備を指します。住宅に多く見られる物置と用途が似ている他、法律上の明確な違いは定義されていません。しかし、一般的には面積が広く、専門性がある収納施設を倉庫と呼称するのが一般的です。また、倉庫は大別して一般的な物品を扱う普通倉庫、生鮮食品を主に扱う冷蔵倉庫、原木など水中で保管する物品を扱う水面倉庫の三種類があります。中でも普通倉庫は扱う物品によって更に細かく分かれていますが、多くの倉庫では特定の分野の物品を専門に扱っているのが特徴です。また、運送業者が所有する物流倉庫は普通倉庫と冷蔵倉庫の機能が一つにまとまっている所が多く、一般的な倉庫のイメージとは異なります。他にも水面倉庫や野ざらしにしても変質しない物品をフェンスなどで覆う野積み倉庫など、建物を使わない倉庫もあります。

倉庫内の作業と安全管理のポイント

建物の中に多量の物品を置く倉庫での作業はフォークリフトなどの車両を使うのが普通です。倉庫内は死角が多いうえに日光を入れる窓が無い作りが多いので、照明を使っても場所によっては視界が悪いのが特徴です。そのため、倉庫内での作業は安全を第一に考えて行う必要があります。特に冷蔵や冷凍の設備がある倉庫は室温を安定させるために出入り口の開閉は殆ど行われません。倉庫内の照明も室温に影響が無いように最小限に留まっていることから常に薄暗く、事故も起きやすいので細心の注意を払う必要があります。出来るだけ視野を広く取ると共に、作業車両や移動中の物品には不用意に近づかないのが倉庫内での事故予防に繋がります。

3PLは物流管理で無駄のないルートや運送計画が重要です。これを実現することで商品の価格競争に勝つことができるのです。