パソコン自作の初心者でも専門店に行けばサポートも!

パソコンを自作するにはパーツを揃える必要があります。パーツは専門店に売っているのですが、種類が多くどれを買えばよいのかわからないこともしばしばあります。パソコンはOSというシステムだけでなくメモリやCPUなど内部の精密なパーツが組み合わさってできています。どれか一つ欠けている状態では起動すらできないので難しいものと捉えられるでしょうが、パーツさえ揃えば簡単に組み立てられるのです。店によっては自作キットとして必要なパーツをまとめたものを販売していることもあります。もし、わからなくなったとしても店側が購入者に代わって組み立てを行えるサービスを提供していることもあるので安心して組み立てられます。

組み立て上げる根気も大切!

パソコンを自作するにはパーツを組み合わせるだけで良いのですが、専門的な用語やパーツなど理解するのに努力が必要な部分もあります。また、組み立てるにはドライバーを使うだけで良いのですが、静電気に気を配るなど目に見えない部分へ気をつける必要もあります。メモリやCPUをマザーボードへ取り付ける際には素手で触ることになるので事前に他の金属を触るなどして静電気を逃がしたり、セーターなど静電気のたまりやすい服を避けるようにしましょう。また、長時間の作業になるので途中で投げ出したりすることの無いようにしましょう。組み立て方がわからなくなったら参考書を開いたり解説動画を参考にするなど極力自分で組み立てるようにし、自己啓発として取り組みましょう。

プリント基板設計を外部の業者に依頼する際は電子機器に詳しく、緻密な作業が出来る所を選びます。特に試作品の設計はわずかなノイズも出さないことが大切なので、実績が豊富な専門業者を選ぶのが賢明です。