そもそも営業代行とは?

変化が早いビジネス環境に対応するため、自社内で業務の全てをまかなおうとするのではなく、アウトソーシングを積極的に活用しようとする企業が増えています。これまでも外注されることの多かった会計やITなどに限らず、最近では営業機能のアウトソーシングである「営業代行」も徐々に一般的になりつつあります。一方で、営業活動はお客様との接点であることから、サービスに興味はあっても活用に踏み切れない企業もたくさんいると思います。そこで、今回は営業代行のメリットやデメリットについて考えてみたいと思います。

営業代行のメリットは?

まずメリットとして最も大きいのは、人件費を変動費化できることではないでしょうか?正社員で人材を雇用してしまうと、採用プロセスどで費用が発生します。また、採用した後に労働力が不要になったからといって従業員を簡単に解雇することはできません。その点、営業代行を活用すれば、営業人員が不要となればサービスを解約すれば済むので、人件費を柔軟にコントロールできるようになります。

営業代行のデメリットは?

デメリットとして、取り扱っている商品の営業活動に専門知識が必要となる場合には不向きである点や、外部に情報が漏れる可能性が高まることが考えられます。このように、どんな企業でも営業代行を活用して効果があるかは一概に言えないことが分かります。また、一口に営業代行といってもアポハンターと呼ばれるテレアポのみ手がける企業や、営業力診断などを通じたコンサルティングサービスまで提供する企業など様々な種類の営業代行業者が存在しています。自社の商品や営業体制をよく考えて比較検討し、真のビジネスパートナーとなり得る業者を選定することが重要なポイントと言えます。

営業代行は、自社に質の高い営業能力をつくる手助けをしてくれます。たとえば、営業スタッフの教育・営業活動の仕組みの構築・営業戦略の立案などです。