太陽光発電の利点とは?

日本では全国各地で太陽光発電を設置する住宅が増えていますが、実際に利用する事にはどのような利点があるのでしょうか。太陽光発電のメリットとしてまず挙げられるのが、停電が発生した時の非常用電源として利用できることです。日本は自然災害が多い島国であり、大地震や台風などの影響で、停電になってしまうことがあります。しかし、太陽光発電で電力を蓄電しておけば、万が一の時に非常用電源として使えるのです。災害はいつ発生するかわかりませんし、非常用原電があることは何よりも安心につながります。また、電気代を節約できることや、売電収入を得られることも、大きな利点です。太陽光発電で起こした電力は、自宅で活用するだけでなく、電力会社などへ売ることもできます。自然環境を損なわないことも、太陽光発電のメリットだと言えるでしょう。

太陽光発電の欠点とは?

太陽光発電の欠点としては、初期費用がコストがかかることが挙げられます。特に初期費用は高く、一般的な住宅に設置する場合、150万円から200万円程度のお金がかかります。高性能かつ大規模なソーラーシステムを導入するケースでは、300万円ぐらいかかってしまうようです。さらに、太陽光発電は維持費がかかります。保守点検を受ける時や、災害等の理由で破損が見受けられる時など、維持するためにも出費が発生するのです。その他、周辺の環境によって発電量が異なることも、太陽光発電の欠点だと言えるでしょう。実際に住宅へ太陽光発電を導入する時は、利点と欠点のバランスをしっかり見極める必要があります。

太陽光発電の価格は低下傾向にあります。一般家庭での普及がかなり進み、電力の価値がなくなってきているからです。