基本的に好きな仕事を選ぶこと

自営業を始める場合には、まず自分が好みの仕事を始める必要があります。この点に関しては、とにかくもうかっている仕事がよいと考える人もいるかもしれません。一昔前ならばそれで良かったかもしれませんが、最近は単にその時点でもうかっているかどうかだけで判断してしまうのは危険な考え方です。なぜかといえば、時代の流れは非常に早くなっており、参入するときに流行していたものでも時代の流れとともにうまくいかなくなる可能性もあるからです。

それよりは、自分が好きなことで長く続けることができそうなものを選ぶ必要があります。多少はやっていないものでも、自分が好きならば情熱的に仕事を行うことができます。お客さんとしては、情熱的に仕事をしている人の近くに寄ってくる傾向が見受けられます。

ゴールをしっかり設定すること

自営業者の中で、スタートする場合にゴールを設定していない人が多いです。ゴールとは、将来の目標地点に旗を立てることですがその点が明確でなければ何から踏み出しただよいのかわかりません。逆に、ゴールのところに旗を立てることで、そこに向かって一直線に進むことができるでしょう。実はこの作業は非常に簡単でありながら大きな効果を得ることができます。なぜかといえば、ゴールを設定した瞬間にゴールするために必要なこと、あるいは必要な情報しか頭に入ってこなくなるからです。今まで見えなかったものも、ゴールを設定した瞬間に見えるようになるのが大きな特徴といえます。

フランチャイズとは、親企業に対してロイヤリティを支払い、商標や商号を使用することが出来る契約を言います。